ビジネスを支える FAX DM

FAX DM が見直されている理由

インターネットダイレクトメールよりも FAX DM

ダイレクトメールはビジネスを支える基本的な戦略です

昔から現在に至るまで、ダイレクトメールの手法は、ビジネスを支える基本的な戦略のひとつではありました。ダイレクトメールを、一括して大量に送りつけるためには、ある程度の資金がかかります。それはその数量が多いので、ダイレクトメールの代行業者に仕事を依頼することが多いからです。この場合、もしも自分の会社でそれをやれば、費用はゼロ円で抑えることができますが、ダイレクトメール作成と送付に関わっている時間が、自分たちの仕事の時間から奪われるという結果になります。ダイレクトメールという手法でも一番大切なのはその効果です。これはダイレクトメールを送るのに費やした費用に対して、どれくらい大きな効果があるかで判断することができます。費用対効果などと称されています。

昔はテレックスでしたが今はインターネットの時代です

その昔テレックスという画期的な通信技術が開発されました。その技術を、いち早く取り入れたのは、商社と船会社です。テレックスで送信できる文字は数字とアルファベットだけでしたが、それでも電文は世界のどの地域でも、瞬時に届きました。これは全く画期的なことでした。今はその通信技術がますます発達して、インターネットを駆使する時代です。今では世界のどこにいても、時間差を気にすることなしにビジネスが出来ます。そんなわけでインターネットを利用したダイレクトメールが大流行です。ところがこのインターネットを利用したダイレクトメールには決定的な欠陥がありました。せっかくメールを送信しても、相手がそれを読んでくれないのです。例えば迷惑メールなどに配信された膨大な数のメールは時間が経てば消去される運命です。そこで今見直されている手段が FAX DM です。 FAX DM にはインターネットのメールにない大きな特徴があります。

相手がどんなものを欲しがっているのかを事前に察知

インターネット利用のメールでは、迷惑メールなどに配信されていて、相手がそれを全く読んでくれません。 FAX DM は違います。 FAX DM の場合では、送信されたメール自体が、お得意様の FAX受信機から直接プリントアウトされます。相手方の会社の担当者は、少なくとも一度は、その送信原稿に目を通すことになります。もしもその原稿が、会社の担当者の気に入らなければ、ゴミ箱に捨てられる運命となります。ですがこの少なくとも一度は送信原稿に目を通されるということが大切なのです。 FAX DM の文章づくりには、それだけ注意が肝要です。長々と自社の自慢話をするよりも、相手の会社の立場に立って、相手がどんなものを欲しがっているのかを事前に察知しておくことが大切です。それを踏まえて FAX DM の原稿を作成することができれば、ビジネスプロモーション成功までの、道は半ばということができます。

人気記事ランキング